Introduction of Exhibition(作品展・展覧会のご紹介)

作品展・展覧会のご紹介

ロッキー田中 写真展「ときめきの富士」

『ロッキー田中 写真展「ときめきの富士」』
11/21(木)〜12/3(火)


世界文化遺産記念
ロッキー田中 ときめきの富士展覧会

【誰も見たことのない≪ときめきの富士≫を生涯に『99作』、世に出すオンリーワンの写真家・ロッキー田中】
 あえて富士山の麓に住まず、かつ、何日も山ごもりして待機せず、100km離れた東京で富士山の呼ぶ声を聞き、「明日、あの場所、あの時間!」とインスピレーションの趣くまま、ピンポイントでその光景の前に立つ。その瞬間が
 『ときめきの富士』の真髄であり、真骨頂である。
 富士山の呼ぶ声が聞こえるようになるまでに、場所・時間・季節・天気ごとに変化を自らの足で探索し、細胞に記憶させてきたからこそ、成せる業。
 東京に居ながらにして富士山周辺の気流や大気の変化、雲の湧き方などが、手にとるように、ありありと想像できるのである。
 その作品群は、浮世絵を連想させる幅広い構図の中に、神秘の色を写し込み情感と美しさに満ちあふれ、“現代の浮世絵”とも呼ばれている。
 全国で展覧会を行う他、東京都品川区五反田に『ときめきの富士・ロッキーアートサロン』を開設。「探していた富士山に逢える!」と好評で、全国からの来訪者が絶えない。『ときめきの富士・カレンダー』は、“日本一幸運を招くカレンダー”として多くの支持を得ている。

≪ロッキー田中・プロフィールはコチラ