Introduction of Exhibition(作品展・展覧会のご紹介)

作品展・展覧会のご紹介

Wendy Carroll『Colours of home/故郷の色』

Wendy Carroll
『Colours of home/故郷の色』
2014/3/20(木)〜3/30(日)


Where is home?
For the last 16 years I have been living in Japan. My children have grown up here and it feels like home, but if someone asks me where I am from I say Australia. That is where I grew up and spent my childhood. That is where my family lives and probably one day I will move back there to live.

When I am here I talk about going home for the summer and look forward to seeing familiar colours and landscapes. The lush greens of the rainforest and the brilliant blues of the ocean. The red and orange ochres of the desert country and the grey green of the gumtrees .

When I am in Australia I talk about going home to Japan and looking forward to seeing the seasons change. To watch the hills around Kyoto change from the deep greens of summer to the fiery reds of Autumn. To see the brilliant white of fresh snow in the hills and the pale pink of new buds swelling ready for spring.

So where is home?

Home is both places. I have come to love and admire the unique colours of the Japanese landscape and have developed a greater appreciation of the variety of colours in Australia.

故郷とはどこか

私はここ16年、日本に住んでいます。子供たちもここで育ちここが自分の家に感じてます。しかしあなたの古里はどこって聞かれますと「オーストラリア」と答えます。そこが私の育ち幼少期を過ごした場所です。私の親戚もそこにいていつかは私もそこへ住に帰るでしょう。

ここにいる時は夏にオーストラリアに帰って懐かしい土地の色や景色をを見る事をよく話します。雨林の青々とした緑や海の輝く青色の色です。砂漠地域の黄土の赤やオレンジ、ユーカリの木の灰色などです。

オーストラリアにいる時は日本に帰って季節の変わり目を見る楽しみを話します。京都の回りの山々が夏の深い緑から秋の燃える赤色。丘に積もるまぶしいほどの白い雪や春に向けて実る薄いピンク色などです。

では、私の故郷はどこでしょう?

私の故郷は両方の地です。日本の地形に特有の色に印象つけられ好きになりました。また、オーストラリアの多様の色に対してより鑑賞するようになりました。

≪wendy carroll・プロフィールはコチラ