竹下景子 「詩の朗読とメモリアルコンサート」

117 高瀬舟協賛『竹下景子 詩の朗読とメモリアルコンサート』特設ページ

1.18イメージ画像

かたりつぎ仙台実行委員会

≪311≫

東日本大震災から4年の歳月が流れようとしています。しかし、現在も20万人以上の人々が避難生活を余儀なくされており、復興へ向けてうまくスタートができた人は僅かです。生活基盤が整わない不安、時間の経過とともに現れる心の問題、明るい話題の陰で、人々の葛藤の深刻さはじわじわと増しています。

これまで芸術文化での癒しのまちづくりに取り組んできた復興支援コンサート実行委員会が、竹下景子さんとともに行ってきた117の詩の朗読とコンサートは、東日本大震災の後、一般財団法人アーツエイド東北を経由し、311に継承され今年3月で4回目の開催となります。東北では詩の公募ではなく、東北大学災害科学国際研究所が取材をした「被災者の生の声」を朗読に編集し、竹下景子さんが音楽とともに朗読しています。復興もこれからが正念場です。被災者の心に寄り添い、復興への軌跡を記録しつつ、防災減災に役立つ心のメッセージを発信して参ります。

かたりつぎ仙台実行委員会